> >骨格診断

表情筋と骨格による「たるみ」

表情筋の衰え

 顔には約30種類の表情筋があり、この表情筋が動くことによって私達は様々な表情を作ることができます。

しかし、全身の他の筋肉と同様に加齢により表情筋も衰えてきます。

 

 私たちは日常生活で、表情が豊かな人でも約30%程度しか使っていません。

筋肉は使わないと衰え、皮膚を支えきれなくなります。

 

表情筋は体の筋肉と違い、皮膚に直接くっついている「皮筋」なので、筋肉のたるみが即! 顔のたるみに直結します。

 

 これは皮膚そのものが原因ではなく、皮膚が張り付いている筋肉が原因で起こるのです。

皮膚や皮下脂肪は、筋肉の上に張り付いているため、筋肉が低下すると皮膚や皮下脂肪を支えることができなくなり、

その結果、皮膚と皮下脂肪がだらっと下がり、たるんでしまうのです。

 

 表情筋の衰えこそ、「顔のたるみの最大の原因」です。

 

 

 

顔の中でたるみやすい場所

 顔の中でたるみやすい場所としては 目の下、ほうれい線部分、頬骨の下、あご下、首などです。

 

目の下は目が大きければ大きいほど目の周りの筋肉に負担が大きく、皮膚も薄いため非常にたるみやすい場所となります。

 

そして目が下がれば頬に目の分の負担がのしかかります。

 

頬が下がってくることで頬の下やほうれい線などに肉が重くのしかかってきます。

 

これらがやがて口元やあごにのしかかることで、たるんだ表情を作ってしまうのです。

 

さらに肉が下がっていくことで、首の下に二重あごへと繋がります。

 

さらに悪化していくと・・・あごの肉が流れて首まで雪崩を起こしたような状態へ陥っていきます。

 

 

★こんな症状のあなたは注意してください!!

  • の毛穴が楕円形に目立ってきた
  • 下まぶたに影クマができる
  • ほうれい線がハの字型に目立ってきた
  • 口角が下がってきた
  • 顔の輪郭(フェイスライン)がぼやけてきた
  • 顔が大きくなってきたような気がする

 

骨格や肉付きによる「たるみ」の症状

①ブルドックのように下垂してたるむタイプ

 全体的に太っている、もしくは若いことから顔の肉付きが良いタイプです。

肌質が柔らかく、もともとはキメの細かい毛穴の目立たない肌質の方に多いたるみ方です。

つるんとしたキレイな肌の方です。

 

 顔だけでなく全身の肌がやわらかく触り心地のよい人、皮膚をつかんで伸ばすとびよ~んとのびる方もこちらのタイプです。

遺伝的に脂肪が柔らかく、支える力が弱い可能性が高いです。

柔らかいと、重力に負けてたるみやすく、影もできやすくなります。

 

 

②こけるタイプ

 全体的にやせている、もしくは太っても顔に変化が表れにくいタイプです。

こめかみが凹んでいて、頬骨が出っ張っていれば、こちらのタイプとなります。

 

 皮膚が厚く丈夫な人、顔の脂肪の量が少ない人は、たるみより額やこめかみ、頬の加齢による脂肪の萎縮が目立ちます。

頬骨の高い顔は、影ができやすいため、よりこけて見えやすいといった特徴もあります。

 

 

たるみながらこけるタイプ

 ①と②の要素をどちらも持っている肌で、日本人にはこの最も多いタイプです。

 

 

 たるむ、こける、の違いは 脂肪量と筋肉量です。

 

 

 

骨格診断 ~あなたが陥る「たるみ」はコレだ‼~