【あごのたるみ】と食生活

ほうれい線の悩みを解消する
たるみ改善専門サロン
~ポルト・ボヌール~ 粕谷です。

  

 

おはようございます。

今日はすっきり晴れて気持ちの良いお天気ですね♪

 

先週、コストコで出会った雑穀パンが美味しくてしばらくはまりそうな予感がします。

 

この雑穀パン、雑穀と言うだけあって噛み応えもしっかりあり、

必然的によく噛んで食べることができます。

 

では、今日のお届けするのは・・

 

【あごのたるみ】と食生活

 

あごは、顔の中で最も下に位置しています。

そのため、加齢により表情筋が衰えると、

顔全体の皮ふがたるみ【あご】まで脂肪が落ちてきて【二重あご】になります。

 

 

筋力の低下が大きな原因と言われる【二重あご】は、

食事の時に噛む回数が少ない、固いものを食べない人に多く見られます。

 

欧米化した食生活が、咀嚼回数を減らしている事が原因とも言われています。

本来の和食なら、歯ごたえのあるものも多いため、あごを良く使い、良く噛みますが

最近では、あごを使わずに食べる事のできる食事が好まれ

あごを使う事が少なくなり、あごの筋力が低下してしまう事が大きな要因になっています。

 

自分でも気にしている【二重あご】・・第三者も気にしているようです・・

 

500人に≪他人の二重あごが気になる≫と言うアンケート調査をした結果

なんとっ、206人が常に他人の二重あごを気にしているという結果が出ています。

 

この結果で、多くの人が【二重あご】を気にしているのがわかります。

 

 

今日のランチから、一口の咀嚼回数を50回にしてみましょう!

 

始めは疲れて大変ですが、一口の咀嚼回数が増えると満腹中枢も刺激され

お腹も満たされます。知らず知らず体重も減った♪なんてご褒美もありますよ。

 

 

 

たるみは、一人で悩んでも解消はできません。

 

いろいろやってもたるみが解消でない方には、
一度試してほしいです‼︎

 

 ほうれい線の悩みを解消する

たるみ改善専門サロン ~ポルト・ボヌール~

080-5137-5340