· 

正しい洗顔のススメ

ほうれい線の悩みを解消する
たるみ改善専門サロン
~ポルト・ボヌール~ 粕谷です。

  

 

おはようございます。

今日も晴天です♪ 

 

こんなに天気の良い日は、お肌の乾燥が気になるところです。

 

今日は、いつも当たり前にしている洗顔のお話です。

 

皆さんは、正しく洗顔していますか?

 

美人になるには《洗顔から》と言われるほど大事な洗顔!

意外と正しくできてない方が多いんですよ・・

 

毛穴から出た皮脂の一部が外気に触れ酸化します。

その酸化した皮脂を放置しておくと、皮ふを老化させたり、肌のシワ・しみ・かゆみとなって現れます。

 

酸化した皮脂を除去するために、洗顔が必要となります。

 

皮脂は水やお湯だけでは落としきる事ができません。

乾燥肌の人以外は、石鹸や洗顔料を使うをおススメします。

 

洗顔をしないと・・

肌のターンオーバーを乱します。肌を生まれ変わられる新陳代謝の事を、ターンオーバーと言います。

肌細胞が古い角質となり、肌の表面に押し上げられ垢となって剥がれ落ちる。

その下からは新しい肌が出てきます。

 

本来、ターンオーバーで押し上げられた古い角質は、水だけで落とす事ができますが、

様々な要因(メイクが落としきれていないなど)で、水だけで落ちなくなっていると・・

肌が厚くなる・ニキビができやすくなる・毛穴が開いてしまう原因になります。

 

正しい洗顔のススメ

 

1. 手を洗う

洗顔の前にしっかりと手を洗います。手の汚れを落として、洗顔料がよく泡立つようにするためです。

 

2. 顔を素洗いする

洗顔料を使う前に、ぬるま湯(30~34度)で顔を洗います。まずは、顔についたほこりを流し毛穴を開きます。

 

3. 洗顔料・石鹸を泡立てる

泡で汚れを落とすのではなく、泡に汚れを吸着させるようにします。

そのためには、細かい泡になるようによく泡立てましょう。

細かい泡を作る事で、毛穴の中の汚れをかき出すことができます。

泡立てネットを使うと楽につくれます。

 

4. 円を描きながら優しく洗う

まず、泡を皮脂の分泌が多い場所にのせます。

(Tゾーン→Uゾーン→目元→口元)

指で押さえるのではなく、泡をクッションにしてくるくると泡を滑らせるように洗います。

 

目元・口元は乾燥しやすいので泡をのせるだけで十分です!

大体、1分~1分半で十分です。それ以上は肌の負担になる場合もあります。

 

5. しっかりすすぎます

ぬるま湯で最低20回以上すすいでください。

すすぎ残しは、ニキビ・肌荒れなどの原因になります。

こめかみ、フェイスライン、髪の生え際は泡が残りやすいのでしっかりとすすぎましょう!

 

すすぐ時も、ゴシゴシとはしないようにしましょう。

 

6. ふき取る

洗顔後はタオルを顔にあて水分を拭き取ります。

ゴシゴシしません!

顔にポンポンとあてるようなイメージで拭き取ってください。

 

7. 保湿

洗顔後は乾燥しやすくなっているので、なるべく3分以内に十分な保湿をしましょう!

 

 

泡立てるのが面倒!と思っても、美人は美肌も基本です。 

今日から実践できる『正しい洗顔のススメ』お勧めします♪

私も実践していますっ!

 

たるみは、一人で悩んでも解消はできません。

 

いろいろやってもたるみが解消でない方には、
一度試してほしいです‼︎

 

 ほうれい線の悩みを解消する

たるみ改善専門サロン ~ポルト・ボヌール~

080-5137-5340