· 

寝すぎが原因で顔がたるむ?!

ほうれい線の悩みを解消する

たるみ改善専門サロン
~ポルト・ボヌール~ 粕谷です
    
寝過ぎはたるみ顔の元・・・

 

いくら寝ても寝足りない!って思うことはしょっちゅうですし、そう思って早く寝たとしても、朝にスッキリ起きられないということがありませんか?

休みの日になると、疲れを取りたいと思い、ついダラダラと寝てしまったり・・・考えてみれば10時間くらい平気で寝ていたときもありました。

疲れを睡眠で解消したいという気持ちはよくわかりますが、

長時間睡眠は危険ですよ。長時間睡眠は、筋肉や血流が低下してしまうために、肌がくすんでしまいたるみ顔の原因となってしまいます。

それでは、なぜ寝過ぎで顔がたるんでしまうのか?どうして長時間睡眠が危険なのか・・・

 

 

あなたにはこんな症状がありませんか?

肌が乾燥してカサカサする

顔色が悪い、肌がくすんでいる

シワが増えた気がする

しみが濃くなりファンデーションで隠せない

髪がパサパサになった

ファンデーションのノリが悪い

化粧崩れが気になる

しっかりと睡眠時間をとっているはずなのに、お肌のツヤもなかったですし、髪もパサパサ、鏡に写った自分にガッカリしましたね。たるみ顔にまっしぐらという感じでした。すぐ疲れてしまうので、睡眠時間を十分に確保しようと思ったのですが、疲れが取れないばかりか、老けて見えるようになって顔がたるんだようになってしまいました。 

 

 

それでは、なぜ寝過ぎがたるみ顔の原因になってしまうのでしょう??

 

寝過ぎるとたるみ顔になる理由は、筋力や血流が低下してしまうから。

長時間睡眠ですと、寝ている時間が長いわけですから、その分筋肉を動かす時間が少なくなります。筋肉を使うことが少なくなるから、血流も低下してしまいます

血液は全身に栄養を運ぶ役目があります。ですが、寝過ぎると、血流が低下し、全身に栄養が回らなくなってしまうんですね。

あなたが長時間睡眠をとっているならば、十分睡眠時間はとっているけど、極端にいえば、不眠のような状態だといえますよ。これでは疲れがとれないばかりか、体だけでなく、顔もどんどんたるんでいってしまいます。

睡眠に大切なのは、眠った時間よりも、眠りの質が大事なんです。それでは、眠りの質を上げるにはどうすればいいのでしょうか?

眠りの質をあげるために、まずは、生活のリズムを整えること。つまり、休みの日であっても、いつもと同じ時間に起きるのがいいですね。起きたら、太陽の光を浴びるように、カーテンはちゃんと開けるようにしましょう。体内時計をリセットする意味でも、太陽の光を浴びることが大切です。

そして、軽いものでいいので、運動をプラスすること。寝る前に軽めのストレッチをするようにしています。テレビを見ながらの、ながら運動もオススメですね。ラジオ体操なんかを真面目にやってみてください。ラジオ体操を真面目にやると、体がぽかぽかして、血流が良くなるのが実感できると思いますよ。

さらに女性のばあいは、鉄分不足で疲れが取れず、寝過ぎになってしまうパターンもあります。もし、あなたが貧血ならば、鉄分を補う食事をするように心がけていきましょう。

   

それでも たるみ・ほうれい線を消したいなら

ほうれい線の悩みを解消する!

たるみ改善専門サロン 

ポルト・ボヌールへ。ご予約は今すぐこちらから。 

080-5137-5340