· 

逆三角顔のあなたのたるみ方

ほうれい線の悩みを解消する
たるみ改善専門サロン
~ポルト・ボヌール~ 粕谷です。

   

 

逆三角顔のあなたのたるみ方
 

丸いアゴと比べてシャープなアゴに憧れる人が多いですが、

逆三角顔の方は

年齢とともにアゴのお肉が

たるみやすくなってきます。



 

逆三角形顔:

顎の筋肉がたるみやすく、口角が下がりやすい。

顎は顔の脂肪が最も集まる場所ですので、
ここが小さいと顔の脂肪を支えきれず、たるみやすい傾向にあります。

顎がたるむと、フェイスラインが崩れます。

また一気に老け感が増す場所でもあるので、
「私は顎が小さい」という自覚がある方は、
早めの対策が必要です。

二重あごにならないように注意も必要な顔型です。
口元のエクササイズに力を入れるなどして、
顎のたるみ予防に励んで下さい

 
アゴのたるみ予防エクササイズ
 
☆口角を引き上げ、頬の筋肉を鍛える
 
  1. 口を前に突き出し、口を「お」の形にします。
  2. 「お」の口のまま、口は下に引き下げ、頬は逆に上に引き上げます。
  3. 再び1.の状態に戻します。これを10回程行います。
☆二重あご対策も一緒にしよう!
  1. 顔をゆっくりと上に向け、限界まで真上を見上げます。
  2. 舌を出し、舌をゆっくりと真上に向かって伸ばします。このまま5秒キープします。

 

 

たるみは、一人で悩んでも解消はできません。

いろいろやってもたるみが解消でない方には、
一度試してほしいです‼︎

 

 ほうれい線の悩みを解消する

たるみ改善専門サロン ~ポルト・ボヌール~

080-5137-5340